お山の幼稚園

「せいご山で遊ぼうの会」

第1回 春の山 5月20日
五月晴れの中、新緑が美しいせいご山に出かけました。


幼稚園のホールの太い柱の切り株の上で記念撮影


虫の先生、木や植物の先生、山の先生など専門のガイドさん
と一緒に山の中でいろいろな自然と出会います。
 

誰かが見つけた虫について、虫の先生が説明すると
あっという間に子ども達に囲まれてしまう位
子ども達はいろんなことに興味津々!
 

五感をフルに活用していろんなことを体験していきます。
山の斜面を登るのも楽ではないよね。
 

枯れ葉の下や朽ち木をほじくって虫を探したり、熊のつめあとが
残る木を見たり、いろんな実や花をみつけたりしました。
 


山の広場まで下り、さらに下の沢まで下り、次の夏の
2回目での沢あそびの下見もしました。
 

手作りのシーソーやブランコで遊んだり、昔のバスに乗って
遊んだり、外でのびのびと遊ぶのは楽しいですね。
 


木のベンチやテーブルを使い、お弁当を広げて最高の
ランチです。今回は火起こし体験もしました。
お父さんの参加も多く、みんないい笑顔の一日でしたね。

 


第2回 夏の山 7月22日
親子27組というたくさんの参加でしたが、
あいにくの雨の予報の中決行しました。
 

初めはポツポツでしたが、だんだん本降りになってきました。
それでも予定を変更してメインの沢あそびを実施。
  

木々のおかげでそれほど雨は気にならず、親子で
夢中になって沢ガニや水生昆虫を探しました。
 

水でぬれるのも気にせず、どんどん沢の中に入っていました。
写真は暗くてピントが合わず、ブレてしまっています。
時間を忘れて沢の中を歩いていました。
 

広場に戻るとすごい雨になっていましたが、テントを張って
いたので、その中でスイカとキュウリをおやつにし、
本日の活動は終了となりました。
 

遊具で遊んだり、昼食を食べることができず、残念でしたが
あまりめったにない貴重な体験ができたのではと思います。
今回新しく「縄文のテラス」と命名されたテラスを
山仕事くらぶのみなさんに作ってもらいました。

 


第3回 秋の山 10月21日(土)
今年度最後のせいご山です。
 

朝は小雨模様でしたが、山の中はほとんど
気にするほどでもなく過ごすことができました。
 

25組62名の年長組親子の参加となりました。
今年の秋はこのせいご山では、栗や
どんぐりがたくさん落ちていました。


今回は、今年度3回目ということで、
少し長い距離を歩き通しました。 
途中、かなり急斜面を登ったり、片側はがけのように
なっているところを通ったりと、緊張しながらも子どもたちは
保護者の方と手をつながず、自分の力で歩き通しました。
奥のひのき林でチョコレートをもらい、元気倍増になって
また斜面を登り、尾根沿いに山の中を歩いて散策しました。
木のツルでターザンをしたり、いろんな木の実を拾ったり、
親も子も夢中で探す姿もたくさんみられました。
 
 

約1時間で広場にもどると今日のお楽しみ、
ねじねじパン作りが始まりました。
 
 

パン生地を竹の棒にぐるぐると巻きつけ、たき火で
じっくりと焼くとできあがり。たき火の熱さに耐えながら
できあがったパンは最高においしかったですね。
大人も必死に焼いていました。
  


この頃にはすっかり雨も上がり、お昼は外で食べることが
でき、アツアツのいもの子汁にもってきたお弁当で
楽しい昼食!食後はマシュマロ焼や斜面のそり滑り、
ブランコなどをしました。